伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【劇場版】ラブライブ!The School Idol Movie 観てきました 

劇場版 ラブライブ!
公開2日目の本日観に行ってきました。

前日にチケットを確保して物販も行っていたので、当日は余裕を持って劇場へ。


前日に購入したパンフレットと入場特典のメッセージカード。
スクフェスのシリアルコードはエリーチカでした。

で、映画を観た後は近くのセガへ。


セガでは映画の半券と引き換えで右のステッカーが貰えますし、
現在は扇子形のチラシ(3年生ver.)が配布中です。

他にも色々とキャンペーンをやっているので、また機会を見て訪れたいと思います。


で、肝心の映画ですが…
※以下ネタバレが含まれていますのでご注意を。







前半のニューヨークライブではメンバーの掛け合いもテンポよく、楽しい面が多く見られましたし、後半の秋葉原ライブでは「μ’s」に対する想いを見られました。
最後の「僕たちはひとつの光」はメンバーの名前が歌詞に入っていて、終わってしまうんだなという思いが徐々に…。
ラストに向けて色々と思わせるような演出もありましたし、本当に終わってしまうのかな~という喪失感を感じますね。

しかし中でも一番気になったのが女性シンガーの正体。
一体誰なんでしょうか…未来の穂乃果とか?
スポンサーサイト
[ 2015/06/14(日) 20:28:47 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

2014.04.27 たまこラブストーリー 感想+舞台挨拶レポ 


26日から公開された「たまこラブストーリー」

翌日の27日
なんばパークスシネマで行われた舞台挨拶に行ってきたので、映画の感想とレポです。

※映画・舞台挨拶の内容についてネタバレが含まれていますのでご注意ください。

【続きを読む】
[ 2014/04/27(日) 17:54:18 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」 感想 



「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」を先日観に行ってきました。
入場者特典にフィルムが来るだろうと思っていたので、それを待っての鑑賞となりました。


ネタバレを含んでいますので、ご注意下さい。







テレビシリーズでは“新選組”、劇場版では“鬼”から見た歴史という印象で、流れは同じながらも違う視点で描かれていますね。

沖田はアニメ版と異なり、土方を追いかけて追いかけて、ようやく会津までたどり着いたのに……。
そして平助、沖田を看取った斎藤さんは自ら変若水を飲みます。
沖田の形見である刀を手に最後まで誠の旗のために戦い抜く姿…。
このシーンが一番心に残っています。
テレビ版では会津のためという部分がクローズアップされていましたが、劇場版では新選組のためという想いが強く強調されていましたね。

一章の源さんもでしたが、二章も皆の別れが辛い……。

千鶴ちゃんがひたすら土方を追いかけていく姿はカッコ可愛い!
余談ですが千鶴ちゃんが土方らから離れている時のロングヘアが可愛かったです。
そして黎明録(テレビアニメ版)ではニアミスしていた龍之介と千鶴が初対面!チョイ役でも嬉しいと思っていたら小鈴とともに登場してくれて嬉しかったです。

で、黎明録では龍之介の兄貴分的な存在だった左之さん。
左之さんは生死不明な部分はテレビアニメ版と同様ですが、出番が大きく追加されていました。
江戸での千鶴との絡みもありましたし、不知火が左之さんの槍を持っている演出は痺れますね。

一方山南さんは最後の見せ場はカッコ良かったんですが……綱道ともども出番は少なめ。
綱道は羅刹のちからを利用するという一点で描かれており、鬼として粛清された点がポイントかなと。
二本松城など背景もしっかりと描かれていましたし、100名城探訪で行く時があれば確認したいと思いました。

鬼の命脈がストーリーの中心になり、千景が土方(新選組)を追う理由も芯が通ってましたね。
最後は土方を紛い物でなく本物の鬼“薄桜鬼”と認めたからこその展開だと思います。

そしてエンディングに流れる吉岡亜衣加さんの「蒼穹ノ旗」
全ての人物から見た「薄桜鬼」という感じで、締めに相応しい歌詞と素晴らしい歌でした。
聞きながら名場面が思い浮かんでくる……。


ということで土方ルートに風間ルートを絡めつつな展開でした。
大きな流れとしては士魂蒼穹の方が好みですが、各キャラにスポットが当たる分感情移入しやすいのは碧血録ではないでしょうか。
どちらも媒体が違うのでそれぞれ良さがあると思います。

第一章に続いてblu-ray購入確定ですw


で肝心の入場者特典のフィルムですが……


ちーさまのアップでした。


[ 2014/04/07(月) 22:30:20 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

TRICK劇場版 ラストステージ 感想 

先日の土曜日「TRICK劇場版 ラストステージ」を観に行ってきました。


劇場内のボード


購入したパンフレット

今回の舞台はほぼすべて海外。
レアアース採掘を採掘しようとする村上商事だったが地元住民はある呪術師を信仰し、開発を拒否。
上田と山田は呪術師のトリックを見破るため海外へ…。

というのがストーリー。


◆以下、映画の感想はネタバレを含んでいますので、ご注意下さい。



【続きを読む】
[ 2014/01/20(月) 22:28:40 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

2013.08.25 劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞 感想+あの花 Secret Peace レポ 


本日「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞」を観に行ってきました。
劇場は梅田ブルク7。


劇場ロビーには「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」公開記念エキシビション in 梅田ブルク7として「あの花 Secret Peace」が開催されていたので、映画の感想とともにご紹介します。


場面カット展
劇場版のPVと場面カットが交互に流れていました。


秘密の花園
「あの夏にやり残してきた想い」そんな想いを花に込め、秘密のお花畑をつくろうということで、メッセージを貼り付けることができるようですね。
参加券は先着鑑賞500名に配布されるようです。



そして一番の注目は秘密基地


超平和バスターズの原点である秘密基地が再現されています。


細かいところも凝ってますね~。
今アニメ再放送を見ているところなので、劇場版も気になります。


そして忘れていけいないのが今日来た本来の目的。
劇場版 薄桜鬼です。


パンフレットを購入。


入場者プレゼントの特製8連ポストカードと劇場で販売されていたオリジナルドリンク購入でもらえるコースター
ドリンクは「京都乱舞」と「士魂蒼穹」の2種類あり、京都乱舞を飲んでみましたがスッキリとして飲みやすかったです。
コースターの絵柄は全4種類のうちランダム

映画の内容ですが、ここから先はネタバレ要素を含んでいますのでご注意ください。



正直最初に劇場版薄桜鬼でタイトルを見た時にオリジナルではなく総集編なんだろうな~と勝手に思ってました。
そしてその考えは上映が始まってすぐに吹っ飛びました。

見くびっていてすいませんでした!と言いたい!!
まさに再編集ではなく完全新作!

第一章は千鶴と新選組の出会い~鳥羽伏見の戦いまで。
アニメ1期とほぼ同じですね。
アニメ版が「新選組」を中心にして物語が進んでいたのに対し、劇場版は「千鶴視点」で話が進んでいきます。
だからこそより「鬼」についての秘密がクローズアップされた構成になっていますね。

続いてはメインキャラのみですが、簡単に感想。
まずは千鶴ちゃん。
しょっぱなからロリ千鶴ちゃんが登場!
なぜかお茶くみをしているシーンが多かった印象がありますw
千景に共鳴して?銀髪金眼になるシーンもあり、より女鬼らしい側面も見られますね。

そして斎藤さんは相変わらずかっこいいです。
新選組を離れ、御陵衛士側につくシーンは桜の舞う中であの名台詞!
新選組そして会津藩こそが自分の居場所だと認識しているんですね。


そして新選組組長たち。
土方は鬼の副長らしい冷酷なシーン……は控えめで、どちらかというと隊のためというところが多く見られた印象。
二章へのライバルとなるキャラはやはり千景ですね。
一章最後の戦いは迫力ありすぎ!
アニメ1期の東京へ向かう船上のシーンがめっちゃ好きなんで、是非とも二章では入れてもらいたいです。
※一章の最後もそのシーンかなと思っていたのですが、違いましたね。

沖田&藤堂は各々の理由があり羅刹に。
沖田は近藤さんラブっぷりがあまり見られなかったのがちょっと残念だったかも。
そして藤堂は永倉・原田との三人組シーンは少なめでしたが、その分自分が羅刹になってしまったことへの苦悩がより見られました。
原田は不知火と戦うシーンが多くなってますね。
槍捌きはかっこいいですし、槍vs銃という異色の戦闘ですが激しい動きが見れて満足でした♪

そして源さん。
序盤は出番が少なくなったなと思っていたのですが、終盤のシーンがもう……。
「こんな自分でも」と変若水を手にする場面から、変若水を飲もうとしても飲めなかった最期。
辛い……辛すぎる!

各組長が変若水を手にするシーンはそれぞれの想い・考えがよく出ているシーンですね。
変若水を拒否する永倉の考えも分かりますし、手にする組長それぞれの気持ちも分かる名シーンかと思います。

一方鬼側。
千景が序盤から「鬼」として新選組に対していますね。
女鬼として千鶴を求める姿勢がより増している黄がしましたw
不知火も原田との絡みから出番が増えている印象w
そして相変わらず丁寧な天霧は良いキャラしてます。

気がつけばあっという間に終わってしまい、吉岡亜衣加さんの「紅ノ絲」が流れてエンドロール。
ということで映画の感想としては大満足の出来でした!
源さんのシーンでもやばかったのに、それが二章になると……。

そして終わった余韻を楽しみつつ、前売り券売り場へ。


「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」の前売り券を買っちゃいました!
2014年3月8日の公開を楽しみにしたいと思います。

[ 2013/08/25(日) 20:48:55 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

2013.03.10 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME 感想+舞台挨拶レポ 

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOMEの舞台挨拶レポと、映画の感想になります
※劇場版の感想にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


土曜夜に夜行バスで大阪を出発。日曜の早朝に金沢入りしました。

舞台挨拶は13時50分からのイオンシネマ金沢フォーラスで、座席もG列と悪くない感じ。
それまでは金沢探訪です。

まずはサークルKで花咲くいろはオリジナル商品を購入。


「喜翆荘の湯乃鷺御膳」
朝ごはんです。


「湯涌で採れたはちみつのホットケーキ」
2点を購入し、


描き下ろしクリアファイルをゲット!

そして早朝無料開放している兼六園や金沢城を見て回り、お昼を食べてから少し早めに劇場へ。



館内には花咲くいろはのパネルが展示され、オススメ映画として紹介されていました。



今日舞台挨拶に登場する声優さん5人のサイン入りポスター



パンフレットを購入して入場。


先着入場者プレゼント貰えました。
P.A.WORKS特製カット袋レプリカ



中身はチラシと



特製クリアファイル2種2枚
クリアファイルなこち万歳!



TVシリーズ「花咲くいろは」にて実際に使用された原画
私服なこちだ~!!

と、なこち好きな自分としてはまさに当たりセットでした。
そしていよいよ上映開始。




【劇場版 花咲くいろは 感想】
結名が喜翆荘に仲居見習いとしてやってきたのをきっかけに、豆じいがかつてつけていた過去の業務日誌を発見する緒花。
そこには自分の知らない母・皐月の姿があった。
この映画の主役は直接映画の時間軸にはほとんど出てきませんが皐月であり、また皐月の事を知り、菜子の想いに触れて改めてぼんぼる緒花ですね。
TVアニメ版では語られることが少なかった皐月ですが、夫・松前綾人との出会いや上京に至るまでが描かれています。
最後も緒花とが重なるような演出がされていますし、TVアニメ版を改めて見たくなりました。


しかしまず第一印象としては「懐かしい」であり、次に「変わっていない」安心感がありました。
巴さんの扱いが若干ひどくなっている気がしますが、きちんと仲居頭な姿も見せてくれてほっとしたような……。
そしてなこちが相変わらず可愛いんですよ!
しゃっくりの止め方とかおばあちゃんの知恵袋ですし、疲れ気味ながらも弟妹のために頑張るなこちに惚れます!
そして母にわがままを言うシーンがあるのですが、自分のためでなく妹のためというのが泣かせてくれるじゃないですか!

ということで66分の上映があっという間でした。
緒花の成長やの過去とともに、なこちの可愛さにも注目して見てみましょう♪


上映後には舞台挨拶。
その前に今回の来場者に県内か県外か質問があったのですが、やはりというべきか県外の方が多かったです。

そして拍手とともに伊藤かな恵さん、小見川千明さん、豊崎愛生さん、戸松遥さん、能登麻美子さんの登場。
挨拶と今回の劇場版について。そして最後に挨拶って流れでした。
生ホビロンが聞けて大満足!
戸松さんがアドリブも結構入れていたと言ってたので、次見る機会があればチェックしたいです。


ということで映画も面白かったですし、原画も当たりで舞台挨拶もありと大満足の遠征となりました。
[ 2013/03/10(日) 22:42:21 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 感想 


前編パンフレットとマミさんクリアファイル


特典の色紙と引換券

※以下感想はネタバレを含んでいるので、追記にしております。

【続きを読む】
[ 2012/10/08(月) 18:43:37 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

「映画 けいおん!」 感想 

仕事終わって急いで梅田へ。
まずはナムコで今週分のブロマイドをもらいます。


今週は澪ですね。
その後劇場へ。


グッズ関係は結構売り切れが目立っていて、パンフレットだけ購入。
座席は自分の見える範囲で4~5割くらい埋まってました。


入場時にリピートポイントシートとポストカードを貰い、いよいよ上映。


※以下感想はネタバレを含んでいるので、追記にしております。

【続きを読む】
[ 2011/12/04(日) 13:52:00 ] 映画感想 | TB(0) | CM(2)

劇場版 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ無し簡易感想 

「劇場版 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」観に行ってきました。
岡山ではMOVIX倉敷だけで公開。個人的にはTOHOシネマズ岡南の方が好きなんですけどね……。


先着プレゼントの11.5巻とパンフレット。
朝一で見に行ったのですが、女性多めな印象。
感想はネタバレしない程度に書くと、今までのハガレンに比べてアクションシーンが多いですね。これはスピンオフ(劇場版)だからと考えれば特に違和感なし。
後若干ミステリー要素もあるのかなと。
メルビン・ボイジャーに色々と注目です。

あともう少し、ほんのちょっとでいいからアームストロング少佐の出番を増やして欲しかったw
多くのキャラが登場するというよりメインとなる数キャラにスポットが当たり、それ以外のキャラはあまり語られない感じがしたので、その辺りはちょっと不満でした。
しかしその分エドやジュリアの意志、その行動に重きが置かれていたのでじっぐりと観るには適しているのかなと。

……ネタバレしないように書くと、何も書けないw
まぁ結論は楽しめましたよ~ということで。

クリックしてほしいうなぁ→

[ 2011/07/02(土) 19:42:41 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」感想(ネタバレあり) 

「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」を公開初日の昨日、にゃむ~っと観に行ってきました。


パンフレット

TRICKはTVシリーズから劇場版までとりあえず全部見ている自分。
しかし劇場版を観に行くのは3作目で初になりますね。


各々の目的のため、万練村(まんねりむら)にやってきた二人。
結局は協力して財宝を手にしようとするのたが、鈴木(松平健)の言う「霊能力者バトルロイヤル」に巻き込まれていき……。
という内容は実際観てもらえば分かるので、自分は印象的なシーンの感想をば。

以下はネタバレになりますのでご注意ください。
※続きを読むには【続きを読む】をクリック
【続きを読む】
[ 2010/05/09(日) 17:51:32 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

2010.01.30 Fate/stay night - UNLIMITED BLADE WORKS 感想+神戸遠征レポ 

朝自宅から高速でまったりと神戸へ。
今回は「劇場版 Fate/stay night UNLIMMITED BLADE WORKS」を観に行ってきました。


駐車場から映画館に行く途中でEXE(ゆずソフト)の舞台近くを通ったので一枚。

他の場所については以前に舞台探訪しているのでこちらの記事をどうぞ♪
→舞台探訪その1その2


映画館に到着したのが上映の約30分前。
整理券番号は80番台で、後少し遅かったら立ち見or次回になっていたのでぎりセーフ。


CD付パンフレットを購入し、上映時間を待ちます。


映画の感想はネタバレを含んでいますので、記事の最後に折り畳んでおきますね。


映画が終わった頃には昼になっていたので三宮駅北側へ。


希望軒でとんこつ味卵ラーメンとチャーハンセット
ラーメンは美味しかったですが、チャーハンは胡椒の味が若干濃かったかな…
ラーメン+替え玉の方が無難だったかも。

その後は近くの三宮サンクスでメルブラをプレイし、メロンブックスへ。


電撃G'sマガジン 3月号
電撃姫 3月号
を購入し、ポイント交換でメロンちゃんキーホルダーをゲット。


これで西日本は制覇しましたw


並べてみると良い感じ♪


その後は中華街へ。


といってもお土産を買っただけですが…。

そして早めに帰宅。
夕方には帰れたのですが、仮眠していたら真夜中にw

ということでレポ終了。
最後にFateの感想をどぞっ♪

【続きを読む】
[ 2010/02/01(月) 21:31:02 ] 映画感想 | TB(0) | CM(3)

2010.01.23 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」感想+広島遠征レポ 

昼前に自宅から広島に向けて出発。
今回は広島まで「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」を観に行ってきました。


途中のSAで昼食をとりつつ高速を走り109シネマズ広島に到着。


15:30の上映を観ようと思い、14時過ぎに到着したのですが、その回は既に完売…。

とりあえずその次の18:15の席を確保し、それ以外の用事を済ませるため路面電車で広島市内へ。

広島電鉄ですが、宮島線の利用は初めてでした。
ここのポイントは軌道線(路面電車)と鉄道線(電車)の切り替わり。

あ~デジカメ持ってきてれば鉄道むすめの舞台探訪できたのに!
また次の機会にしますw

市内に到着後はメロンブックスへ。


PUSH!! 3月号
ほしうた 1巻
まよチキ! 2巻
を購入し、ご当地メロンちゃんキーホルダーをポイント交換。



これで西日本残すは神戸のみ!

その後はゲーセンで時間をつぶし、109シネマズへ帰還。


パンフレットを購入し準備は万端。


いよいよ映画が始まります!

※映画の感想は若干ネタバレがあるので文末に折り畳んでます。
【続きを読む】からどうぞ~♪

映画終了後。
余韻に浸りたいところですが、日付が変わる前には帰宅したかったので早々に撤退。
晩御飯は福山SAで尾道ラーメンにしました。

後は睡魔と戦いながら高速飛ばして帰還。
結構無茶なスケジュールでしたが、何とかなるものですw

次はFateを観に行かなくては。

【続きを読む】
[ 2010/01/24(日) 16:56:27 ] 映画感想 | TB(0) | CM(2)

映画「イキガミ」感想 

映画「イキガミ」の感想です。



ネタバレが含まれていますのでご注意を。
【続きを読む】からどうぞ~。

その前にクリックしてくれたら嬉しいかな。かな。



【続きを読む】
[ 2008/10/01(水) 23:11:34 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)

2008.09.13 「劇場版天元突破グレンラガン 紅蓮篇」感想+神戸遠征レポ 

9月13日に神戸まで「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」を見に行ってきました。
今回はそのレポです♪


早朝毎度の如く国道2号線をかっ飛ばして神戸へ。
そして三宮駅前に着いたのが9:00前。
駐車場に車を停めて、早速シネ・リーブル神戸へチケットを買いに向かいます。

すると何故か大量のちびっ子が。

グレンラガンの最初の上映は10:00からなのに…これほどなのか、グレンラガン人気は!

と思いましたが、ちびっ子たちの目当てはウルトラマン(大決戦!超ウルトラ8兄弟)でしたw
今回のレポとは関係ありませんが、自分はウルトラマンタロウ世代ですねw



チケット購入の際に貰った劇場版グレンラガンスタンプカード。
紅蓮篇を2回見るとポストカード。
その上で螺巌篇を見ると特製グッズが貰えるみたいです。
整理番号19番というなかなかの番号を入手した後は朝ご飯へ。

朝食を軽くとった後、再びシネ・リーブル神戸へ。



パンフレットとテレカを購入し、いよいよ上映です。
注)「劇場版 グレンラガン 紅蓮篇」の感想はネタバレを含むため、文末に書きますね。



映画素晴らしかった…そんな余韻を残しつつ、中華街で昼食です。
個人的には店内で食べるよりも屋台の方が美味しいと思っていたりしますw



その後、元町商店街のカステラ屋で家族へのお土産を購入。
神戸に来る度にここでカステラを購入しています。
店内は昔ながらの雰囲気で、カステラはふわふわウマーなのです♪

その後、とらのあなへ。



つくしてあげるのに!Plus
とらのあな特典のテレカ付き。
全部で何本購入したかは明日の購入物晒しで書きますねw

倒錯少女
little twiggy
LilyLilyRose(みぶなつき)さんの夏コミ新刊・既刊。
最近はBaby Princessや鉄道むすめで有名ですね。
とら専売と見かけて思わず購入。
黒スト好きにはたまらない2冊ですw

こもれび
「ひまわり」の外伝。
委託販売が始まっていたのに気付きませんでしたw
まだひまわりは攻略完了していないので、読むのは我慢我慢…。

以上で買い物は終了し、少々早めに神戸を出発。
岡山へ帰還しました。


と、まとめてみると劇場版グレンラガンを見て、つくしてあげるのに!Plusを買いに行った遠征ですねw

では、「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」の感想です。
ネタバレを含んでいますため、【続きを読む】からどうぞ♪

その前に、クリックしてくれたら嬉しいかな。かな。



【続きを読む】
[ 2008/09/14(日) 21:26:37 ] 映画感想 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。