FC2ブログ

伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」 


はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」


伊吹・信哉の前に敗れた杏璃・小雪さん。
伊吹と信哉は先に進むが、合流した沙耶はその場に残る。



3人が行った後、起き上がる杏璃と小雪さん。
予知魔法で負けるという結果が見えていたから小雪さんが杏璃に指示し、わざと負けたふりをしていたようである。小雪さんは雄真という切り札がやってくるのを待っている。
その前に現れる沙耶。そして自分の決意を告げて立ち去って欲しいと言うのだった。


式守の秘宝を手にする伊吹。
そしてその力で那津音を蘇らせようとする。
しかし伊吹でも式守の秘宝を制御することはできず、暴走。大量の鬼が森にまで溢れ出る。
魔法で撃退するものの、鬼はまたすぐに出てくるのできりがない。やはり式守の秘宝を封印するしか方法はないのである。


一方、ハチらの助けもあり雄真を探し出した春姫。
秘宝の暴走を止めるにはどうしても雄真の力が必要だというが、自分の魔法は人を傷つける不幸の魔法であると思い、どうしても一歩を踏み出すことができない雄真。
そんな雄真に春姫は、自分がかつて雄真の魔法で助けられたこと。
それがきっかけで魔法の勉強を始めたこと。そして自分があの時の女の子であることを告げる。


雄真の魔法は自分を幸せにしてくれた。
春姫は言うが、雄真は自分で力をコントロールすることができない。
その時、春姫が鈴莉から受け取っていた「龍笛」が光りだす。
「龍笛」を手にする雄真。その時、那津音の想いが雄真の中に溢れてくる。
本当に自分に出来るか。不安になる雄真に春姫はキスで答える。
「龍笛」を手に雄真の決意は固まった。


鬼の数に押され始めていたところに春姫が雄真をつれて到着。
那津音の形見「龍笛」を吹く雄真。
鬼たちは再び封印され、式守の秘宝を再び封印しようとするが、そこに最後の巨大な鬼が現れる。


ひとりの力では無理だったが、春姫らの力を借りて雄真は魔法を唱える。
「エル・アムダルト・リ・エルス・レイテ・ウィオール・テラ・ヴィストゥム・カル・ア・ラト・リアラ・カルティエ・ディ・エル・クォーナ」
式守の秘宝を封印することに成功した雄真。


雄真から「龍笛」を受け取ろうとした時に伊吹は那津音の姿を垣間見る。
伊吹の周りには伊吹を想ってくれる人たちがいること。
そのことに伊吹は気づけたのである。




そして戻ってきた日常。
ただ違っていたのは雄真が魔法科に転入したということ。


もう以前の魔法嫌いの雄真はいない。
それは隣にいてくれるパートナーの存在が大きかったのだろう…。



伊吹ルートの要素を絡めつつの春姫エンド。
ヒロインたち+信哉と合体したのはどうかと思いますが…。しかもなぜに全裸!?
ラストの春姫の「もう、がんばりすぎ。」の台詞でなんか違うことを想像したのは私だけですか。そうですか…。

まとめとしては、もうすこし春姫と雄真のらぶらぶシーンが見たかったです。「はぴねす!」はヒロインとのらぶらぶっぷりが一番のウリだと思うので、そういう点ではもう少し頑張って欲しかったかな。

多少作画が乱れてもキャラの魅力+声優の力で安定して見れた作品ですね。
自分は小雪さんスキーですが、準の人気を改めて知らしめたのではないでしょうか。


>>wataruさん
そうですよね。
あの言い方なら勘違いしちゃいますってww
[ 2006/12/27 00:40 ] [ 編集 ]
>ラストの春姫の「もう、がんばりすぎ。」

いや、こちらでも想像していますのでご心配なく(笑)
[ 2006/12/26 22:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://fukusuu.blog48.fc2.com/tb.php/103-438921d4

品質評価 30 / 萌え評価 22 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 16 / お色気評価 91 / 総合評価 29レビュー数 72 件 伊吹がついに式守の秘宝を手にする。その時、春姫と雄真は・・・。はぴねす!怒涛の最終回。
はぴねす! Vol.1伊吹の前に打ち倒れた高峰と杏璃。そして、ついに伊吹は式守の秘宝の元へとたどり着きます。伊吹が秘宝を手にした時、再びあの災厄が繰り返されるのでした・・・。
はぴねす! 1巻 (1)良い意味でも悪い意味でも、非常に安定したまま最終回を迎える事が出来たのではないかと思います。結局伊吹が式守の秘宝をあそこまでして強硬に使おうとしたのは、かつで同じ秘宝が原因で命を失った那津音を蘇生させるため。しかし伊吹が秘宝を自在に...
式守の秘宝を廻る最終話。おっかしいなあ?春姫のキスで元気になるのはお約束事でかまわないけど、雄真は主人公だったのか?「不幸の魔法」と思い込み雄真が魔法を封印した秘密、偶然雄真の魔法で助けられた幼い春姫、学
[2006/12/26 22:09] Cross Channel
はぴねす! 第12話(最終話)「幸せの魔法」 サブタイトルの通り、ハッピーエンドです^^
[2006/12/26 16:15] 恋華(れんか)
雄真本気。It's a happy and heart full school life はぴねす!
[2006/12/26 01:52] Hiroy's Blog
最終回~。主人公が結局まともに動かないまま終わっちゃいました。なんかハチのほうが主人公っぽい気がします。雄真と春姫のキスとか展開が急すぎ(;´ー`)最初の頃にオリジナルな話ばかりで伏線をほとんど入
[2006/12/25 23:56] 仕様ですにゃ
大丈夫。勇気を出して――。 魔法のせいで人を不幸にする。 そう思い魔法を封じてきた雄真――。 暴走する式守の秘宝。 封じることができるのは、雄真の魔法のみ。 そんな感じで最終回。 なんだかんだで最後の切り札は、主人公なんですね(笑)
[2006/12/25 22:52] SERA@らくblog
ある意味、一番影の薄かった人間が一番美味しいところを持っていく話?
今回は、雄真が最後の最後で立ち上がって無事全てを解決するお話でした。やっぱり凄かった雄真の力、最近沈みまくっていたぶん詠唱時はかなり格好良かったです。魔法戦闘はもう少し派手に見せてくれても良かったですが、そういうアニメじゃないと思うので十分でしょう。...
[2006/12/25 21:23] パズライズ日記
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中