伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010.09.19 長野県遠征レポ 

今回の目的地は長野のため、深夜出発。
高速で東進していきます。

SAで休憩を挟みつつ、11時に長野県松本市に到着。


道中の風景。
標高が高いので何となく涼しく感じます。

早速目的の松本城へ。




烏城と呼ばれているのは岡山城と同じですね。
松本城は日本で12基しかない現存天守のひとつで、国宝に指定されています。




掘というより池なので浮城のようですね。


大きな鯉もいます。


天守閣内部も見学しようと思ったのですが、ここで問題発生。
現在見学90分待ちとのことで、よく見ると天守閣内部にゆっくり移動している人の列が……。






どちらかというと次の目的地がメインなので残念ですが諦めて周囲をぐるりと見て回った後で次の地へ。


駐車場近くにあった井戸水。
大名町大手門井戸ということで自由に水が飲めるようになっています。


移動中

道中に道の駅で昼食。


そばとどちらにするか悩みましたが、そばはお土産で購入することにしてソースカツ丼を選択。
信州はそばが有名ですが、ソースカツ丼も名物になってますね。
意外と量がありお腹いっぱいになりました。

そしてやって来ました上田市へ!


まずは観光会館へ向かいます。


1階には真田幸村の像。
お土産はBASARA関係が目立ちますw


2階ではいきなりアバター(サマーウォーズ)のお出迎えw










サイン色紙!






そして記帳ノート!


こいこいマップも貰いました。


サマーウォーズだけでなく、真田家(幸村)関連も。


ただ観光会館ではサマーウォーズの方が強い印象を受けました。



そこからサマーウォーズ舞台探訪をしつつ上田駅へ。


街中にはサマーウォーズののぼりがあちこちに。


マンホールは六文銭。


駅前には真田幸村像。






上田駅を出るとサマーウォーズと真田幸村がお迎えしてくれます。
駅前はBASARAののぼりがあったりで幸村の方が若干強いかな。


サマーウォーズの垂れ幕があったイトーヨーカ堂は通常営業。


観光会館まで戻ってきて、最後に上田城跡&真田神社へ。


東虎口櫓門


真田石




本丸跡。
本当に何もない。


本丸北西隅櫓跡




二の丸橋と堀



真田神社へ。
ここで2度目の問題発生。






なんと改修工事中……。
社の様子がイマイチ分からないのが残念でした。


絵馬




やはりBASARA絵馬多いな~


戦極姫2発見w


行きは大阪・名古屋ルートで行ったのですが、時間的に混みそうだったので帰りは北陸道を通り、敦賀IC~小浜西ICは一般道を通る北回りを選択。
時間はかかりましたが、渋滞なく帰還できました。

帰ってきたのは午前3時。
日帰りで運転距離は1000kmを越える強行軍になりましたが、初の長野遠征は楽しかったです。
次は石川県辺りに行ってみたいですね。
いつになるか分かりませんがw
では、舞鶴若狭道が全開通すればもう少し手軽に行けるのになと思いつつレポ終了です。


最後に気になったポスター
「キミは、だれだ。」
お前が誰だよ!ってツッコミを入れたくなるw

クリックしてほしいうなぁ→

[ 2010/09/27(月) 18:56:30 ] 日本100名城・史跡探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。