FC2ブログ

伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

七つのふしぎの終わるとき 感想 

etude「七つのふしぎの終わるとき」攻略完了したので、簡易感想です。

ややネタバレを含んでいますので、ご了承くださいませ。
感想は↓の【続きを読む】をクリックでお願いします。


攻略順は
ふみ→エリス→七穂→美咲
どのヒロインも個別ルートに入るとさらに可愛くなりますね。

ただどのエンドもよく考えると何か物足りない感じがしてきます。
つまり謎が明らかにならないまま終わったり、ある意味本来の目的とはズレてしまった結末だったりするんです。

その伏線を回収するのがトゥルールート。
多分全ヒロイン攻略が条件だと思いますが、ゲーム開始時の選択肢で分岐します。


主人公の智がある写真を撮る場面。
ここでトゥルールートに分岐した場合、ヒロインルートは「未来に有り得た可能性」として記憶されます。
つまりこの場合、智はフリーになってしまう訳で(ぉ
内容は謎が明らかになりつつ皆が笑っていられるエンドとなりますが、CGで智の表情を見る限り、ちょっと智がかわいそうな未来の気もしてきます。

智は、ふみとの出会いの辺りからややズレている感じがしていましたが、本当にその通りでした。
ただトゥルーではそれを意識していけるようになるので、やっぱり智も幸せになれそうですね。


終盤は、自分もバック・トゥ・ザ・フューチャーを思い出しましたw
そう思っていたら黒幕の黒幕的展開にやや驚き。
最後は初詣CG欲しかったなぁ……。

というのがプレイ後の感想です。

ヒロインに関しては美咲押し。
美咲があるCGで持っていたゲームが巫女舞だったのはお遊び要素があって面白かったです。

シナリオに関しては展開が急だと感じる場合がややありました。
後どのヒロインルートにも言えるんですが、恋人になる(ヒロインを意識する)過程が短い気がします。
そこが残念かなと。

ただ主題歌やムービーはかなり良く、ヒロインだけでなく他のキャラもそれぞれ魅力的で総合的に面白い作品でした。


クリックしてほしいうなぁ→

[ 2012/01/09(月) 17:11:47 ] ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中