伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2000/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013.04.21 日本100名城探訪17~鬼ノ城+備中高松城~ 

実家に帰省中の4月21日。
せっかく車があるので、公共交通機関では行きにくい100名城に行ってきました。

今日の目的地は鬼ノ城。
その前に近くの備中高松城へ寄り道します。


秀吉の水攻めでも有名な城ですね。
この日は雨がふるかもと言われてましたが、天気もいい感じに晴れてくれました。

以前にも訪れているので軽く石碑や首塚を見て回る程度にしておきました。

「浮世をば 今こそ渡れ武士の 名を高松の 苔に残して」


全く読めないですが「清水宗治城跡」と彫られています。


そしてこちらも再びの鬼ノ城へ。
前来た時もそうでしたが、道幅が狭いので対向車がこないかヒヤヒヤです。


鬼城山ビジターセンターで日本100名城のスタンプをゲット。
スタンプの状態はかなり良い。

早速西門へ向かいます。
ビジターセンターから少し歩きますが、道は整備されているので割と楽ですね。


すぐに見えてきました!


角楼


角楼の上は展望スペースになっており、かなり良い眺めです。



鬼ノ城西門
鬼ノ城は飛鳥時代に築城されたと考えられていますが、史書に記載がない謎の山城です。
岡山には温羅(うら)伝説があり、鬼ノ城周辺を支配していた温羅を吉備津彦命(きびつひこのみこと)が退治したのが桃太郎の元とされています。
そういったことから戦国時代の城とはやや趣が異なりますね。


以前はここで引き返したのですが、今回はそれより少し歩きます。


敷石
城壁に沿って敷き詰められています。
日本の古代山城では鬼ノ城にしか見られないもので、排水との兼ね合いがあるとか。


何やら気になる……。
よく見ると仏像らしきものが彫られていました。


道は常時このような感じで、まさにハイキングコースですね。


第二水門跡


第一水門跡
鬼ノ城は山城であるため、排水のために6箇所の水門が築かれています。


ということで水門を見てから再び西門へ戻ってきました。


城壁
大部分が土塁で、かなり高いです。



ということで鬼ノ城探訪は終了。
以前に来たことがありましたが、再度天気が良い日に行けて幸運でした。
100名城スタンプ集め岡山編は翌日に続きます。

[ 2013/04/28(日) 20:44:49 ] 日本100名城・史跡探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。