伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

六畳間の侵略者!? 13巻 感想 

六畳間の侵略者! ?13 (HJ文庫)六畳間の侵略者! ?13 (HJ文庫)
(2013/04/27)
健速

商品詳細を見る


晴海先輩マジ可愛い

ネタバレを含んでいますので、追記にしています。


母である現皇帝エルファリアが病で倒れたという知らせに、六畳間の侵略を諦めフォルトーゼに帰還しようとするティアとルース。
そして孝太郎は騎士になることをティアへ申し出る……。



朝、孝太郎が寝ている時に集合してくる六畳間関係者たち。
いつの間にか大所帯になってきましたね。
孝太郎がきっかけにしろ、今では孝太郎なしでもキャラ同士の繋がりが深くなっているのが嬉しいですね。
だからこそティアの皇位継承権の領土問題も解決したわけですし。

そしてクランの診断により晴海≠アライアというのが判明しました。
しかし科学で割り切れない部分もありますし、まだ確定では無いみたいですね。


そしてティアの星で起こった軍部のクーデター。
今回も魔法少女来襲の時と同様に二面で敵にあたります。
仲間が増えることで戦闘範囲も徐々に広まりつつありますね。

ゆりかが“一人”にならないために戦う姿がまた素晴らしい。
やはり孝太郎を除いて一番成長しているのはゆりかじゃないかなと思います。


エゥレクシスも再登場。以前の戦闘経験から孝太郎を追い詰めますが、孝太郎が奥の手アルゥナイアを召喚。
竜は静香の中にいた!
ということでこれで静香も正式参戦……ですかね。
アルゥナイアの口からはかつての懐かしい人たちの名前が挙がりました。
これは本当に気配だけを感じたのか、前述の晴海同様気になります。

そして孝太郎の危機に駆けつける晴海。最高ですね!
地上での戦い、宇宙での戦いまさに主人公として孝太郎大活躍でした。


ひとまずの危機は去りましたがエゥレクシスと真耶が接触しましたし、敵勢力も徐々に集結している印象があります。
クーデターについても危機はひとまず脱しましたが、これからも攻撃の手は迫ってくるはず。

現在のフォルトーゼでも二千年前の青騎士伝説と同じ状況が起きつつあるという雰囲気ですね。
演劇で演じたキャラそのままの配役になるのか(それだとゆりかがアルゥナイアにw)、それとも見た目で配役が決まるのか、そもそも二千年前と同じ状況になるのか。
色々気になる!という今巻でした。
[ 2013/05/09(木) 21:12:11 ] 書籍関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。