伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013.6.8 日本100名城探訪22~久保田城・根城~時々鉄道むすめ 

土日で巡る東北遠征。
ということで今回は秋田と青森の日本100名城目的の遠征です。
そして思わぬ副産物?おまけ?もあったのですが、それは後述。


まずは伊丹空港から秋田空港へ。


空港からはリムジンバスで秋田駅に到着。
徒歩で秋田県の日本100名城に選ばれた「久保田城」に向かいます。


二の丸跡


長坂門跡


御物頭御番所
先ほどの長坂門の開閉や城下一帯の警備を担当していました。
18世紀に焼失・再建されていますが久保田城内で唯一、旧位置のまま残っている建造物です。


久保田城表門
本丸の正門であり、玄関口。
久保田城の重要拠点です。立派な造りで圧倒されますね。


本丸跡からの風景と、本丸跡にある佐竹義堯像


多門長屋跡の先にあるのは……


御隅櫓です。
入場券を購入して100名城のスタンプもゲット!
100名城スタンプを集めていると受付の方とよく話すのですが、集めている方はだいたい3年半~4年ぐらいかけて達成する方が多いらしいです。
自分は去年11月から始めて約7ヶ月で約3割。良いペースだと思いますが、残っているのが気軽に行けない城ばかりなのでやはりそれぐらいになりそうですね。


風景と久保田城の復元模型

そして次は佐竹史料館へ。


裏門跡から向かっていきます。


佐竹史料館に到着。
館内は家康からも「律儀者」と評された佐竹義宣関連の史料などがありました。
特に義宣の鎧で有名な「人色皮包仏胴黒糸縅具足」が見れたのは嬉しかったですね。


それぞれの入場券と100名城スタンプ


新幹線の時間があるので、あまりのんびりとしていられず秋田駅へ帰還。


こまちで移動します。
秋田県滞在は1時間半ぐらいですかね。
久保田城は土塁などの見所もあったのでもう少し滞在したかったのですが、時間の都合上仕方がなかったのです……。

そういえば秋田新幹線を買う時に初めて知ったのですが、秋田新幹線は全席指定なんですね。
そして自由席の代わりに立席券というのがあるのです。
立席の名の通り、立って乗らないといけないのですがそれだと辛いので「指定席が空いている時は座ってもいいけれどその指定席の人が来たら移動して下さいね」という券なのです。
繁忙期はさておき、自分が乗った時はがらがらだったので自由席みたいな扱いですね。

そして秋田新幹線にゆられつつ、秋田駅で購入した駅弁で昼食。
自分が選んだのは……


「うご牛焼肉弁当」です。見てお分かりの通り、西又葵さんがパッケージのイラストを描かれています。
羽後牛柔らかくて美味しい……。


盛岡駅に到着。
乗り換えまで少し時間があるので構内をぶらぶらします。


NHK連続テレビ小説「あまちゃん」押し。
あまちゃん関連の商品もちらほら見られました。


そして八戸駅へ到着。バスで「根城」まで向かいます。


旧八戸城東門と傍にある堀切。


この道の先に本丸があり、そこに至る道は整備されていて歩きやすいです。


通路跡と堀切
通路は堀を埋め戻した上に砂利などを敷いてつくられています。根城では初めての貴重な例とのこと。
そしてこちらの堀切は先程より規模が大きいですね。


中館跡にある遺跡全体模型


木橋と東門を通り、まずは受付で博物館との共通入場券を購入。


日本100名城のスタンプもゲット!


主殿
根城の中心施設。内部は見学自由で自分が入った時は誰もいませんでした。


詰之間


二之間


広間
年賀の儀式を再現しており、年男が鎧を身につけて当主の前に座っています。


祈祷之間
護摩行が行われていたとのことで、某広島→阪神の選手を思い出す……。


上馬屋と中馬屋。
当主が所有する馬を繋ぐ上馬屋と、来客の馬が繋がれる中馬屋。
夜間や冬に馬を飼っていた下馬屋もありますが、跡だけでした。


工房。
竪穴式になっており、中では鎧や弓の修理が行われていました。


当主が寝起きし、政を行う常御殿と当主の家族が住む奥御殿。
主殿との位置関係が良く分かります。


鍛冶工房
鎧や刀の部品、釘などを作っていました。
先ほどの工房と違い、炉があるので火を使っての作業になりますね。


納屋
中は薄暗く、米や味噌を貯蔵する施設です。


本丸を見て回り、続いて博物館へ。


南部師行像がお出迎え
バスの時間があるので、やや急ぎ足で見てまわり再度八戸駅へ。

八戸駅は「全国"鉄道むすめ"巡り 2nd|」のスタンプラリー対象駅になっています。


ということで本来の城目的とは別ですが、鉄道むすめ・青い森鉄道「八戸ときえ」のスタンプをゲット!
……自分スタンプ押すの下手すぎ。
そんな哀愁を漂わせつつ八戸から青い森鉄道で浅虫温泉へ。


夕陽最高!!


夕陽を眺めた後は駅近くの「シャムル」で夕食。


オムライス。
見た目通りの絶品でした♪


本日のお宿はいつもの安宿と違って「海扇閣」というちょっと豪華な宿。
何故この宿にしたかという理由は後日別記事にて公開予定。

ということで大阪→秋田→盛岡経由で八戸→浅虫温泉と移動してきた1日目が終了。
温泉で疲れを癒しつつ翌日に続く……。



本日の総移動距離:341.8km
[ 2013/06/12(水) 21:08:23 ] 日本100名城・史跡探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。