伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013.11.01 日本100名城探訪33~津山城~ 

実家に帰省し、平日の金曜日。
岡山に長年住んでいながら探訪は初めてとなる津山城に行ってきました。


津山観光センターの駐車場に車を停めるとすぐに津山城への登城口が見えてきます。


最初の石段を登ると「忘れ去られた石」という名の石が見えてきました。
津山城築城時に切り出された石ですが、何故か築城現場まで運ばれなかったという石。


きちんと穴もあいていました。


正面に見えていたのは三の丸の石垣
津山城を築城した森忠政の像もありました。
森蘭丸の弟という事が有名ですが、津山城(鶴山公園)内を見ていくと築城にも長けていたということが分かってきます。

大手門に到着。
入場券を購入し、鶴山公園に入っていきます。


鶴山館
三の丸に位置しており、備中櫓も見ることができます。
この位置からですと見事な三段が見えますね。


表中門
城内最大の階段通路であり、門はありせんが、その巨大さを容易に想像できます。
またすぐ側には二の丸に向かうのとは別の階段があります。



表中門を登り、二の丸に到着すると真上に備中櫓が見えてきます。



切手門
二の丸と本丸をつなぐ部分に位置しており重要な門になります。
そばの弓櫓から切手門・備中櫓を眺める


包櫓周辺の石垣・通路


表鉄門
本丸の入口にあたります。
復元図を見ると素晴らしい門だったようですが、残念ながら火災で焼失
石垣の石が赤いのもその影響…?


本丸に到着。
まずは備中櫓から見ていきます。


大手門で入場券を購入しているのでここは無料で入館できます。
受付で日本100名城スタンプ 津山城をゲット!


備中櫓は2階建ての建造物ですが、内部は特に展示物はなし。
各部分の装飾はきっちりとこだわっているなと感じました。
1階には津山城築城のDVDが流されており、津山は石高に対して数多くの櫓を備えていること、忠政が数多くの築城に携わってきたことなどが分かります。


津山市内の風景


備中櫓から本丸石垣を眺めてみる。
備中櫓の石垣も眺めてみる。



備中櫓の隣には天守閣の石垣があるのでそちらに行ってみます。


天守台


礎石も確認できました。
天守を見た後は裏門方向から帰りましょう


粟積櫓跡


裏鉄門跡




排水穴
甲府城でも似たような排水穴がありましたね。


厩堀
津山城には内堀がなく、外堀もなくなっているため意外と貴重


ということで登ってきたのとは反対側にぐるっと見ていきました。


建物がなく堀が埋められた以外は結構綺麗に残っているお城で、復元図からも分かる通り櫓がかなり多いです。
そういう意味では実際に歩いてみると興味深いお城でした。

桜の名所なので春は混雑しますが、それ以外の季節は割と空いていると思います。

時刻はお昼。
以前津山に何度か来た時に寄った店を記憶を頼りに探しました。


それがCOFFEE HOUSE VILLAGE(ビレッジ)
津山市内から岡山市内へ帰る途中(久米郡久米南町)にある喫茶店です。


チキンカツランチを注文
御飯の量「普通」にしましたが、ご覧の通り……盛ってます。

なかなか行くことが出来ませんが、岡山では個人的にオススメのお店です。
ということでお腹いっぱいになって帰還。

明日の徳島遠征に備えゆっくりと休むのでした。

[ 2013/11/11(月) 21:34:58 ] 日本100名城・史跡探訪 | TB(0) | CM(2)
>>闇遊戯さん
お久しぶりです~♪

津山城は初めて行きましたが、櫓が多くて良い城でした!
桜の季節にももう一度行きたいですが、人も多いと思うのでどうしようかなと考えましたw
[ 2013/11/14 22:26 ] [ 編集 ]
久しぶりです。

まさか・・・地元です。津山城いいですよー

観光してよかったね・・
[ 2013/11/13 21:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。