伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

TRICK劇場版 ラストステージ 感想 

先日の土曜日「TRICK劇場版 ラストステージ」を観に行ってきました。


劇場内のボード


購入したパンフレット

今回の舞台はほぼすべて海外。
レアアース採掘を採掘しようとする村上商事だったが地元住民はある呪術師を信仰し、開発を拒否。
上田と山田は呪術師のトリックを見破るため海外へ…。

というのがストーリー。


◆以下、映画の感想はネタバレを含んでいますので、ご注意下さい。





アバンはフーディーニのエピソード。
これが最後の展開につながっています。

今回序盤でインパクトがあったのは村上商事ですね。
村上ショージはもちろん、社内のこだわりにもクスリとさせられます。

そして本編では触れられていませんが、赤道スンガイ共和国の空港や室内にビックマザーの写真が!
母之泉エピソード後に実は生きていたビックマザーが教団とともにやってきたということでしょうか。あのポーズもしばしば見られますし、この辺りの繋がりが気になりますね。
山田が本当の霊能力者かどうか……明らかにはなりませんが、上田がひとつの仮説をたてていましたね。
不思議な力を持っているかもしれないが、明言はされない。それはTRICKがシリーズを通して一貫している部分でもあります。

大爆発を防ぐため、ひとり犠牲になろうとする山田。
それをとめようとする上田とのやりとりはグッときます。
そこからの展開は感動です。

山田が生きているのは矢部と秋葉の辺りで確信。
爆発で助かる理由は序盤ではっきりとトリックが明かされていましたし。
でも上田の授賞式でのあの台詞は反則ですね…。
アバンのフーディーニと上田がシンクロした瞬間。

そして月光。
TRICKといえばこの曲です!
上田が今までのことを思い出すように研究室で過ごしている場面はずるすぎる!!

ラストは1話のオマージュ。
テレビシリーズで登場した懐かしき石原刑事。

しかし上田が目的としている人物はあらわれず、諦めかけた時に……。
いや~最高でした!
ラストは見る人によってどのようにもとれるのではないでしょうか。


5000万円など最近のネタからシリーズ恒例の張り紙・看板まで小ネタが多く、また上田と山田をはじめ各々の掛け合いが面白かったです。
やはりTRICKの魅力というのは人同士の掛け合いだと思うので、今回上田と山田、矢部がほぼずっと一緒だったのが良かったです。

そしてパンフレットの小ネタを見ていると、気付いていなかったところも色々ありました。
また堤監督からスンガイ=キンの正体と、ラストシーンの解説があるので、これは必見。
次見るときはその辺りもチェックしながら見たいです。

ということでTRICKファンの自分には最高の作品でした。
しかし小ネタの部分はシリーズを見ていないと分かりにくいところもあるので、そこは注意ですね。
でもファンなら必ず見るべきです。

TRICK劇場版 ラストステージ
今回で本当に最後になってしまうのか…しかし里見の書道教室で書いたことが実現して欲しいと願うばかりですね。

[ 2014/01/20(月) 22:28:40 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中