伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2000/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2014.03.08 日本100名城探訪38~犬山城・岡崎城~② 

名古屋駅から移動してやってきたのは岡崎駅。


愛知環状鉄道に乗り換えて中岡崎駅に到着です。


少し歩くと見えてきました。
徳川家康生誕の地をアピール


岡崎城大手門(再建)
岡崎城というと天守よりもこちらが有名な気がします。



電話ボックスも城風


本多忠勝像
蜻蛉切を片手に勇ましい姿です。


からくり時計
毎時0分と30分になるとからくり家康が舞い、格言を言います。


ちょうど見ることができました♪


二の丸能楽堂


しかみ像
二の丸能楽堂の前にひっそりとあります。
三方原の戦いで武田信玄に敗北した際、自身を戒めるために描かせた有名な絵が元。


貫禄のある徳川家康像


松平元康像
家康元服時の名で、今川側として桶狭間の戦いに出陣した際も松平元康でした。


では本丸へ


清海堀
予想以上に深い堀でびっくりしました。




岡崎城 天守
傍には家康の遺訓碑が建てられています。


入口で岡崎城・三河武士のやかた家康館 共通入場券を購入し、100名城スタンプ 岡崎城をゲット!


城内は最上階以外は撮影禁止。
家康と忠勝の顔出しパネルがありました。


風景。
実際には金網があり、眺めは先ほど犬山城に行っている分微妙…。


家康のえな塚
武将のえな塚を訪ねるのは龍造寺隆信に続いて2度目です。


そして産湯の井戸
この井戸の水が家康誕生の際に産湯として使われたとのこと。



岡崎城周辺をぐるりと見て回り、戻ってきて三河武士のやかた家康館へ。
こちらも館内ほぼ全て撮影禁止
家康の生涯=戦国時代の流れのようなものなので、分かりやすく戦国の世を知ることができる展示が多かったです。


撮影コーナーにあったオカザえもん
なんというか、すごくシュール。
展示は読み物が多く、関ヶ原のジオラマなどよく出来ていてじっくり見て回るのに最適だと思いました。


再び愛知環状鉄道で岡崎駅に戻り、豊橋駅で途中下車。


メロンブックス豊橋店へ。


センゴク一統記 7巻
銀の匙 Silver Spoon 11巻
センゴクはメロンで発見できなかったので他店舗で。


ささっと買い物を済ませて豊川駅へ。
時刻は夕方。


本日最後の目的地・豊川稲荷へやって来ました。


奥へ


奥へと進んでいきます。
豊川稲荷は「稲荷」と呼ばれ、立派な鳥居があるのに実は「豊川閣 妙厳寺」という寺だそうです。


やってきたのは「霊狐塚」


そこには大量の狐像が!


薄暗くなりかけた中、ひとりでいると雰囲気がちょっと怖い・・・

夕刻というのもあり人がほとんどおらず、周辺のお店も店じまいしている所が多かったです。
せっかく豊川に来たからには稲荷ずしを食べようと思っていたのに残念。

ホテルにチェックイン後、夕食へ。


麺くい亭 豚の雫にて
野菜ちゃんぽん小と浜松餃子を食べ、


ホテルに戻りデザートとして駅で購入していた大あんまき(カスタード)をパクリ。
あんまきは初めて食べましたが、ボリュームがかなりあり満足感高めのおやつですね。


ということでホテルで早めに休むのでした。
豊川で1泊し、明日も早めに行動します!

~続く~
[ 2014/03/18(火) 23:15:46 ] 日本100名城・史跡探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。