伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

2014.10.12 オリックス・バファローズ観戦記(京セラドーム 日ハム戦) 

パ・リーグのクライマックスシリーズ ファーストステージ2戦目。
前日日本ハムに負け、後がないオリックスバファローズの試合観戦に弟と行ってきました。


席は内野指定席の最前列。
フィールドシートとほぼ同じで、違いといえば目の前のネットがあるかないかぐらいでしょうか。


守備練習中の伊藤、原


ベルたそ~


今日の先発はディクソン。
今年の観戦3試合中2試合がディクソンですw


陽岱鋼と翔さん


1回の表にいきなり小谷野に2点タイムリーを打たれてしまいます。


日ハムの先発は上沢。
この日はゆるい変化球が見事でオリックスはアウトを重ねていきます。


平野
2回の守備から交代して不安を感じましたが、負傷だったようです。
これは痛い…。


ディクソンとキャッチボールをする伊藤


ズームで日ハムベンチに稲葉を発見!
代打で出てくるところが見たいな~と思ってました。


ベンチで円陣


粘るディクソンを援護したい打線ですが、未だ上沢の前にノーヒット
ディクソンは6回にランナーを出したところで降板。


誰が投げるかと思いましたが、ここでまさかのサトタツ!


キャッチャーも伊藤でバッテリーごと交代します。


6回佐藤登板で森脇監督の勝利への執念を感じたか、裏の攻撃で駿太が四球。
初めてのランナーを出します。


ここでバッターは伊藤!
見事送りバントを決めます。


そして2回から平野の代わりに出場している原がタイムリー!
1点差に迫り、イケる…と思いきや、7回に佐藤がミランダにまさかの被弾。
また2点差にされてしまいます。
さらに1アウト満塁になり、ここで1本出ると終戦というところで一番頼れる男が登場します。


比嘉!


陽、中田の怖いバッターを連続三振。


流れをオリックスに引き戻します。
7回裏、2アウト2・3塁にしたところで上沢からクロッタにスイッチ。


ヘルマンが初球打ちでついに同点に追いつきます!


8回は馬原。
ここを抑えて一気に逆転…といきたいところでしたが、1アウト1・2塁のピンチ。


ここで代打稲葉登場です。
レフトスタンドの歓声も凄かったですし、少しですが稲葉ジャンプをみることができました。


体勢を崩されながらもバットに上手く当てる技術はさすがの一言。


引退が信じられないくらいですし、代打の切り札ならまだ全然プレイできそうな気がしますね。
まさにレジェンド。


8回の裏からは谷元に交代。


2アウト2塁で糸井が敬遠気味に歩かされ、打席には今日3三振のT-岡田


ここで逆転3ランホームラン!
打った瞬間全員総立ちホームラン確定の当たりでした。


ここでオリックス勝利をほぼ確信しました。


9回は平野が陽にヒットを打たれますが、後を抑えてオリックス勝利!
1勝1敗の五分に戻しました。


最初は上沢の完全試合ペースで負けムードでしたが、終盤の展開は熱かったです。
そして日ハムベンチに金子のユニフォームがあることに気づく。


そして今日のヒーローはもちろんT-岡田。
あのホームランを生で見れて大満足でした。


残念ながら3戦目オリックスは負けてしまいましたが、日ハムとの3試合は熱い試合でしたしレジェンド稲葉の引退をのばすためにもファイナルを勝ち上がってほしいと思いました。
[ 2014/10/17(金) 09:44:27 ] レポ関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中