伏雛的BLOG

アニメ・漫画・ゲーム…それが生きていく糧となっているオタクな伏雛の日々

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

このページで使用しているPeasSoftの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます
このページで使用しているサーカスの画像は転載許可を受けています。このページからの無断使用・転用を禁じます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--(--) --:--:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2015.01.10 日本100名城探訪54~掛川城+掛川古城 

金券ショップで青春18きっぷ1回分を購入し、冬の利用期間最終日に掛川まで行ってきました。


住処から始発前の新大阪駅まで移動。
ここまで人がいないのは始発前だからこそですね。


途中浜松駅で朝食を食べつつ、11時前に掛川駅に到着。


掛川駅から歩いて10分ほど。太鼓櫓と天守が見えてきました。


四足門から入っていきます。


十露盤堀(そろばんぼり)
本丸を囲む重要な堀になります。


太鼓櫓を眺めつつ、先に進んでいきます。
この辺りは以前探訪した際にも見ているのでさくさくと。


入場券を購入。
本丸と御殿の入城がセットになっています。


まず本丸から見ていきます。

登り口は折り曲がって細い階段になっていてすれ違うのがせいぜいという狭さ。


途中にある腰櫓台跡


右に進むと御殿や竹の丸への道。
天守に至るまでの階段の細さも見ての通りです。


霧吹き井戸
家康が今川氏真を攻めた際に、この井戸から霧が出て城を守った…という伝説が残っています。


いざ天守へ。


正月モードの鯱


天守からの眺め(御殿方面)
この後の目的地として考えていた掛川古城も見えています。


はるか遠方には富士山も!
しかし鉄塔がちょっと邪魔…。


降りる際に武者隠しを、以前撮影したのとは反対側から。


大河ドラマ「功名が辻」の際に千代役の仲間由紀恵さんが手縫いした三つ柏のノボリ


天守を見た後は御殿へ~。


到着。受付で100名城スタンプ 掛川城をゲット!
掛川城御殿は1861年に再建されましたが、現存する城郭内御殿としては二条城など全国に数箇所しかない貴重な建造物。
掛川城は二の丸に御殿があります。
本丸にある御殿だと確か川越城と高知城しかなかった……はず。


ということでどちらかというと御殿のほうが貴重なのです。
しかし畳の部屋は落ち着きますね。
寝っ転がりたいw


縁側から天守を眺める

御殿を見て回った後は先ほど天守からも見えていた掛川古城に向かいます。



掛川城からやや北東に位置し掛川城が見えています。
掛川古城はかつてこの地を治めていた朝比奈氏によって築城されましたが、朝比奈氏は2代目泰能の時代に掛川城を築城し移動しています。



本丸と二の丸の間にある空堀。
実際に近くで見ると高さに圧倒されます。


本丸


本丸には龍華院が建てられています。
北条氏が掛川城主だった時代に徳川家光を祀るために建てられたみたいです。


本丸周辺には土塁も残っていました。

ということで以前は掛川城のみの探訪だったので、今回は掛川古城も探訪してきました。


帰りには復元された大手門を見ながら掛川駅へ。
大阪から東へ青春18きっぷで移動、城探訪するなら静岡辺りが限界ですね。

次回青春18きっぷを利用して探訪するならもう少し動き方を考えたいと思います。

[ 2015/01/31(土) 19:44:46 ] 日本100名城・史跡探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

伏雛(フクスウ)


Author:伏雛(フクスウ)
プロフィールはこちら(10/7/7更新)
コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎。
メールはメールフォームまで
↓一日1クリックにご協力をお願いします


執事が姫を選ぶとき」全力で応援中~!

参加同盟

仁礼栖香同盟
はやみ+√AAA同盟
仙川流琉同盟

カテゴリー
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
最新トラックバック
応援中






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。